スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望ましいギター教本とは


今日は、これからギターを始める人、あるいは初心者、もしくは再入門の方のために、
望ましいギター教本(入門用)を提示してみたい。(僕自身、初心者に毛の生えたようなものだが)

望ましいギター教本とは、

1、DVD、もしくはCD付であること
今どき、DVDもCDも付いていない教本などお話にならない。
お手本となる演奏を聴かないかぎり絶対上手くはなれない。
できればDVDがいいだろう。
演奏者の指使いが見れるからね。

2、練習曲よりヒット曲掲載のものを
教本の中には、4小節の練習曲だらけのものがあるが、たいくつな練習曲など絶対長続きしない。
なんでもそうだが、続けることが出来なくなるのは面白くないからだ。
それより、誰もが知っているスタンダードやヒット曲、一番好ましいのは自分が好きな曲を弾くのがいいだろう。
そんなヒット曲が少なくても10曲入っていれば嬉しいね。

3、ヒット曲の中で、上手く弾くポイントを教えてくれるもの
当たり前だが初心者は楽譜が読めない。
よって、プリングやハンマリングなど記号を絶対見逃す。
あるいは、間の取り方や強弱を出すところなど、ポイントとなるところを曲の中で教えてくれる教本がいい。


と、まあ、僕が思うに以上の三つになったのだが、
1と2に該当する教本はそこそこあるだろう。
しかし、3をも網羅するものはほとんどない!

はっきり言って、望ましいギター入門書は皆無に近い。
と思っていたのだが、
ありました。
先日、楽器店で見つけました。

曲を弾くだけでマスターできる 楽しいフォーク・ギター入門 (シンコー・ミュージックMOOK)曲を弾くだけでマスターできる 楽しいフォーク・ギター入門 (シンコー・ミュージックMOOK)
(2009/02/18)
吉永 裕一

商品詳細を見る



『フォークギター入門』なのだが、オーライリーや茶色の小瓶、禁じられた遊び、グリーンスリーブスなども入っている。
興味ある人は、楽器店に行って中身を覗いてから買うようにしよう。

残念ながらクラシックギターに上記3つを満たすものはない。
悪しからず。

| ギター初級者の奮闘記ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yooooooga.blog101.fc2.com/tb.php/81-8b7cff71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。