2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサードリンク





暴力脱獄(ポール・ニューマン)
ポール・ニューマンが逝ってしまった。
僕が最も好む映画スターであった。

僕が高校1年生(1973)の時に、テレビの確か『土曜映画劇場』だったと思うが、ポール・ニューマンの『暴力脱獄』を2週に渡って放送していた。 たぶんこの時、僕がポール・ニューマンを意識した最初の映画だと思うが、滅茶苦茶面白かった。 『大脱走』の10倍は面白い。 彼の笑顔は最高であり、映画の中でも十分に生かされていた。 助演したジョージ・ケネディも素晴らしい。 僕は10回以上見ている。 男なら絶対見よう。

暴力脱獄




僕がやっぱり高校1年の時の作品に『スティング』がある。 『明日に向って撃て!』で共演したロバート・レッドフォード、監督を務めたジョージ・ロイ・ヒルと再び顔を合わせ大ヒットした。 第46回アカデミー賞作品賞受賞。 詐欺師が悪党をやっつける圧倒的な痛快さは他に例が無い。 

スティング
 


ポール・ニューマンの代表作を挙げたらきりが無いが、もう一つ僕のオススメは、『引き裂かれたカーテン』。 巨匠ヒッチコック監督のスパイもの。 1966年度の作品だが、封切り当時の米国の評価は低かった。 68年度ヒッチコック作品の『トパーズ』も評判が悪かったが、それは恐らく、東側へのスパイ活動を扱った映画だからだと僕は勘ぐる。 冷戦状態だった米国は、映画でも書籍でも神経質になっていたからね。 当時の評判なんかどうでもいい。 『引き裂かれたカーテン』も『トパーズ』も、滅茶苦茶面白い。 評判なんか気にしないで、自分の目と心で見ることが大切なんだ。

引き裂かれたカーテン (ユニバーサル・セレクション2008年第5弾) 【初回生産限定】






でも、やっぱり、『ハスラー』だよね。
1961年度の白黒作品。 ミネソタファッツにジャッキー・グリーソン、ボス(バート)にジョージ・C・スコット、彼女(サラ)がパイパー・ローリーと大スターとの共演。 バートに操られ続けたハスラーが、最後に勇気を奮う・・・ 本当に素晴らしい作品です。 

 
ハスラー (ベストヒット・セレクション)




ポール・ニューマンさん、有難う。





スポンサードリンク

Secret
(非公開コメント受付中)

僕たちに出来ること
メニュー

10分で分かるエバーノート
コードだよ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
2度の挫折を経て2007年3月にギター再開。カヴァティーナを弾いて女を泣かすまで頑張る。

2010年9月9日、まったく上達せず。本当に下手。下手だから全然面白くない。しかし、どんなにセンスがなくても本当に上手くなれないのか?
で、実験を行う。一日20分の練習を開始。毎日行う。5年やってそれでも下手ならヤメル。つまり、2015年9月まで頑張る。とりあえず。

座右の銘
リオネル・メッシ
何かを上手くなりたいと思ったら
何かを我慢してでも
自分で決めたことをやり続け
練習し続けるんだ
最近のコメント
星が見える名言集100
リンク
いらっしゃいませ
RSSリンクの表示
僕のブログ集
ブログ内検索
ふで
記事ランキング
足とも
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。