スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンスリーブス


グリーンスリーブスは、イングランドの最も古い民謡。
タイトルを聞いてぴんと来ない人でも、電話の保留ミュージックに
使われているので、「ああ、あの曲ね」と、すぐに分かるはず。

グリーンはもちろん緑。
スリーブスは、袖のこと。ノースリーブのあれ。
つまり、グリーンスリーブスとは、”緑の袖”ってこと。
邦題にすれば、”緑の小袖”といったところか。
で、歌詞もある。

ネットで調べてびっくりしたけど、中世のイングランドで緑は、
不倫を表すらしい。
(売春という説もあるが、どちらにしても・・・)
つまりこの曲は、
既婚男が娘(グリーンスリーブス)のことを愛焦がれて嘆く歌、
みたいだ。
調べなきゃ良かった。
当時のヘンリ8世による女性遍歴を揶揄(やゆ)した曲
であるとの解釈もある。

クラシックギターでは、ポピュラーな曲の一つ。
比較的簡単だから初心者向け。
これこそ入門用かもしれない。

参考文献
世界の民謡・童謡 グリーンスリーブス(歌詞あり)





グリーンスリーヴス幻想曲~ヴォーン・ウィリアムズ:作品集グリーンスリーヴス幻想曲~ヴォーン・ウィリアムズ:作品集
(2001/04/25)
マリナー(サー・ネヴィル)



その他リンク
Greensleeves - flûte à bec / recorder

| ギター初級者の奮闘記ホーム |

コメント

ありがとうございました

僕は、2009年7月からクラシックギターを習い始めました。週1回2時間のペースです。
現在67歳で高齢者ですから、なかなか上達しませんが、アルファンブラの想い出を弾けるまでがんばろうと、ゆるやかに挑戦中です。
毎年12月に受講生の発表会があるのですが、今年は、「グリーンスリ-ブス」を合奏することになりました。
楽譜とCDは先生から、いただいたのですが、Web上で何か参考になる材料がないかな?と検索していましたら、貴方様のブログと出逢いました。
You Tubeで歌詞付きの曲、ならびに「グリーンスリーブス」の意味を知ることが出来ありがたかったです。
ありがとうございました。

どらちゃんさん

コメント有難うございます。
今年の12月と言うことは約1年あるのですね。
合奏となると何人かで度々会い、演奏するのですね。
それは、楽しいでしょうしモチベーションも維持されますね。
よろしかったらまた遊びに来てください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yooooooga.blog101.fc2.com/tb.php/5-fc17a3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。