スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンゴ・アン・スカイ (ローラン・ディアンス)


今日はローラン・ディアンスの『タンゴ・アン・スカイ』を紹介しよう。
村治佳織さんも弾いているよね。
しかしこれが本家本元、プロ中のプロってやつ。




(動かないときは矢印以外のところをクリックしよう)


ローラン・ディアンス(Roland Dyens,1955年10月19日 - )は、フランスのクラシックギター奏者、作曲家、編曲家。 チュニジア出身。クラシックギターをスペインのギター巨匠アルベルト・ポンセに、作曲をデジレ・ドンディーヌに師事。いくつかの作曲やギターのコンクールで入賞した。 演奏者として即興演奏の能力で知られている。作風はジャズとフォークミュージックに近く、奏者の人気を集めている。「タンゴ・アン・スカイ」(1985)は最もよく知られている作品であるが、「リブラ・ソナチネ」(1986)もよく演奏されている。 現在、パリ国立高等音楽・舞踊学校でギターの教授をしている。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


| ギター初級者の奮闘記ホーム |

コメント

アフリカは凄いですなあ

チャーリーさん、こんにちは。

如何にもタンゴっていう感じでエエですなあ。
チュニジアの出身ですか。
畏るべしアフリカ、
バカにはできませんなあ。 

ではでは。

チャーリーさん、こんばんは~♪

何人かの‘タンゴ・アン・スカイ’を聞かせて頂きました。
それぞれにテクニックも表現も違っていて、かなり面白いですね。
タンゴはやっぱり大人の微熱ですね。
もっと聞き込みたいですね。
練習は捗っていますか。
2年後には涙ぐみたいですね。笑

いつもありがとう

nanmo2 さん

フラメンコギターのようでもありますね。
表情に迫力がありますよね。


Fuwari Funwari さん

あの~
(笑)がちょっと気になるんですけどぉ。
でも最初は笑わすかもね。^^;
 

名曲ですね。このところjazzばっか聞いてますが、またクラシックギターも聞きたくなってきた

たかぴ さん

コメント有難うございます。

はい、名曲です。
クラシックギター、聴いてください。
Jazz も いいですね。
僕、ラジオで聴くのはいつもJazzです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yooooooga.blog101.fc2.com/tb.php/45-a401850a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。