スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の日々



ひとにぎりの未来 (新潮文庫)ひとにぎりの未来 (新潮文庫)
(1980/05)
星 新一

商品詳細を見る



昨日、久々に星新一を読んでみた。
『ひとにぎりの未来』
本棚にあったヤツだから、たぶん昔によんでいるのだろうが。

で、この中に『感謝の日々』というのがある。

この現代よりももっと進んだ社会で、世の中は便利なものだらけ。
車は全て自動操縦だ。
仕事が終われば、「帰宅」のボタンを押すだけで家まで連れてってくれる。
奥さんの顔をより美しくするオートメーキャップ装置。
息子はロボットの小鳥を飛ばして、オモチャのガンで打ち落とすことが出来る。
勉強部屋に入ると、幾つかの問題を解かないとその部屋から出てこられない。
・・・

しかし、明日は3ヶ月に一度の停電だ。
ロウソクや炭を用意しなくてはならない。

政府は、電気の感謝を民衆に忘れさせないために、停電の日を設けているのだ。
その他、保険のおりない日など。


今これを読むと、身につまされる。



名前は忘れたが、ラーメンのライターがいる。
全国のラーメン屋を食べ歩き、それを記事にしているのだ。
だから、美味しいラーメン屋を沢山知っている。

でも、彼が年に一度行う行事がある。
すっげぇまずいラーメンを食べることだ。
横浜かどこか場所を明かさなかったが超まずいラーメン屋があるそうだ。
そのラーメンを食べることで
美味しいラーメンへの感謝の気持を忘れない心がけだそうだ。

「なるほど」
まだ、三十路前後なのにたいしたヤツだ、と思った。

| ギター初級者の奮闘記ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yooooooga.blog101.fc2.com/tb.php/188-c2264237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。