スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What a Wonderful World


この素晴らしき世界(What a Wonderful World)は、ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)の歌唱で1968年にヒットした曲。作詞・作曲はG・ダグラス(音楽プロデューサーのボブ・シールのペンネーム)とジョージ・デヴィッド・ワイス。ボブはベトナム戦争を嘆き、平和な世界を夢見てこの曲を書いたという。(ウィキペディアフリー百科事典より)

僕がまだ20代の頃、
ホンダがテレビのCFでこの曲を使ってたっけ。
”ワンダーシビック” ってね。
83年に発表されたこいつは、
シビック3代目なんだけど、
ホンダとして始めて日本カーオブザイヤーを受賞したんだと。

それにしても良い詩だよね。
僕も時々思うときがある、「素晴らしい世界だな」なんて・・・
でも、その一方で・・・
だけど、暗くなってはいけない。
自分に出来ることをすればいいんだ。

Good morning, Vietnam
1965年、すなわちベトナム戦争の最初期、アメリカが南ベトナムに兵を送り込み続けていたサイゴン(現ホーチミン市)とその近辺を舞台に、兵士の士気高揚のために送り込まれた一人のDJが、アメリカ陸軍サイゴンラジオ局 AFRS で規則無視のハイテンションで型破りなラジオ放送を行う。
『レインマン』のバリー・レビンソン監督がメガホンを取り、ロビン・ウィリアムスが人間味溢れる型破りなDJ、エイドリアン・クロンナウア(実在の人物)を熱演している。(ウィキペディアフリー百科事典より)



I see trees of green
red roses, too
I see them bloom
for me and you
And I think to myself
"What a wonderful world !"
緑の 木々、赤いバラ
咲いているのが見える
僕と君のために
僕はひそかに想うんだ
世界は素晴らしいと

I see skies of blue
and clouds of white
The bright blessed day,
the dark sacred night,
And I think to myself
"What a wonderful world !"
青い空、白い雲
輝くように晴れた日も
神秘的な夜も
僕はひそかに想う
この世界は素晴らしい

The colors of the rainbow,
so pretty in the sky
And also on the faces of people going by
I see friends shakin' hands
sayin' "How do you do?"
They're really saying, "I love you"
七色の虹が空に美しく映える
通りゆく人々の上にも輝く
握手を交わす人々
「はじめまして」と挨拶を交わしている
だけど本当は「愛してるよ」といっているのさ

I hear babies cry
I watch them grow
they'll learn much more than I'll ever know
And I think to myself
"What a wonderful world !"
赤ん坊の泣き声が聞こえる
育つのを見守ろう
僕が想像する以上に多くのことを学んでいくだろう
僕はひそかに想う
なんて世界は素晴らしいんだ、と


| ギター初級者の奮闘記ホーム |

コメント

コメントありがとうございます!
私はまだ曲をろくに弾けないのですが、素敵な音色を目指してがんばりたいと思います♪

あっ、ちなみにバリバリの日本人です(笑)

AIさん、有難うございます。
お互い頑張りましょう。
MASAさん、AIさん、
仲間意識が出来て、俄然やる気が出てきました。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://yooooooga.blog101.fc2.com/tb.php/17-81b2ac80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。