2008/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサードリンク





日本の歌謡界を救った男
お久しぶりです。

1980年代後半、日本の歌謡界はどん底であった。
アイドルが売れなくなり、
レコードからCDへの転換点でもあったが、レコードも売れなくなり・・・
大ヒット曲がなく、
日本の歌謡界はどうなっちゃうんだろうと、心配した人も少なくなかった。
しかし、その窮地を救った人がいた。
小室哲也、その人である。

それまでアイドル路線が主流であった日本の歌謡界に一石を投じ(本人は意識してないだろうが)、
音楽性を重視した曲作り、プロデュースが日本人の心に受けいられた。
小室のしたことはそれほど特別なことでも無く、本来の音楽作りであった。
90年前半は小室の時代だったといってもいいだろう。

ここ10年はヒット曲を出してはいないが、それは珍しいことではない。
年をとればほとんどのミュージシャンはヒットが出なくなる。
あのポール・マッカートニーだって40を越えてからヒットを飛ばしてない。
ビリーもエルトンもスティービーだって。
ミックなんて若いときのヒット曲しかない。

恐らく、香港の事業の失敗(約70億負債)、離婚の慰謝料(10億)が大きかったのだろう。
作曲家、プロデューサーとしては超一流でも、事業家としては問題があったかもしれない。
事業は大きな賭けだからね。



スポンサーサイト




スポンサードリンク

僕たちに出来ること
メニュー

10分で分かるエバーノート
コードだよ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
2度の挫折を経て2007年3月にギター再開。カヴァティーナを弾いて女を泣かすまで頑張る。

2010年9月9日、まったく上達せず。本当に下手。下手だから全然面白くない。しかし、どんなにセンスがなくても本当に上手くなれないのか?
で、実験を行う。一日20分の練習を開始。毎日行う。5年やってそれでも下手ならヤメル。つまり、2015年9月まで頑張る。とりあえず。

座右の銘
リオネル・メッシ
何かを上手くなりたいと思ったら
何かを我慢してでも
自分で決めたことをやり続け
練習し続けるんだ
最近のコメント
星が見える名言集100
リンク
いらっしゃいませ
RSSリンクの表示
僕のブログ集
ブログ内検索
ふで
記事ランキング
足とも
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。