2008/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサードリンク





元気です 蒼い夏 流星

大人になってしまって少し寂しいけど
でも、心の中にそっと仕舞っておきたいものがあっていいんだ。









蒼い夏


作詩:岡本おさみ 作曲:吉田拓郎











確かなことなど何も無く ただひたすらに君が好き
数ある拓郎の名曲の中で何か一つを選べと言われたらこれ。
何十年経ってもいいものは色あせない。


流星(りゅうせい)



作詩:吉田拓郎 作曲:吉田拓郎

たとえば僕が まちがっていても
正直だった 悲しさがあるから…
Ah… wow wow wow…流れて行く
静けさにまさる 強さは無くて
言葉の中では何を 待てばいい…
Ah… wow wow wow…流れて行く

たしかな事など 何も無く
ただひたすらに 君が好き
夢はまぶしく 木もれ陽透かす
少女の黒髪 もどかしく

Ah… 君の欲しいものは何ですか
君の欲しいものは何ですか

さりげない日々に つまずいた僕は
星を数える 男になったよ…
Ah… wow wow wow…流れて行く
遠い人からの 誘いはあでやかで
だけど訪ねさまよう風にも 乗り遅れ…
Ah… wow wow wow…流れて行く

心をどこか 忘れもの
ただそれだけで つまはじき
幸福だとは 言わないが
不幸ぶるのは がらじゃない

Ah… 君の欲しいものは何ですか
君の欲しいものは何ですか

流れる星は 今がきれいで
ただそれだけに 悲しくて
流れる星は かすかに消える
思い出なんか 残さないで

Ah… 君の欲しいものは何ですか
Wow…僕の欲しかったものは何ですか
スポンサーサイト




スポンサードリンク





白いメリーさん
白いメリーさん (講談社文庫)白いメリーさん (講談社文庫)
(1997/08)
中島 らも

商品詳細を見る



こいつは面白い。 奇妙な短編小説。

『日出通り商店街いきいきデー』
年に一度、商店街で決闘をしてもいい日がある。 中華料理屋『大北京』のおやじは、中華包丁と中華鍋を武器に医者や酒屋と命がけで戦う。 中年オヤジの悲哀を表している。

『クロウリング・キング・スネイク』
我が家系の女たちは、代々二十歳を過ぎると蛇になるらしい。 姉さんもどんどん蛇になっていく。 しかし姉さんは悲観しなかった。 ヘビメタになるのだと。 さっそくエレキギターを習いはじめた。

『白髪急行』
高架線から見える電車は車庫に向かうはず。 誰も乗ってないはずなのに少女の姿を見た。 「あれは亡霊なのだろうか」 

その他、表題作『白いメリーさん』を含め全9編。 『奇妙な味』が好きな人には必見です。




【備考】 白いメリーさん

60年代~80年代の横浜の路上で目撃された、都市伝説的人物。
白い服を身につけ、真っ白なメイクであったことから、誰からともなく「白いメリーさん」と呼ばれた。





スポンサードリンク

僕たちに出来ること
メニュー

10分で分かるエバーノート
コードだよ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
2度の挫折を経て2007年3月にギター再開。カヴァティーナを弾いて女を泣かすまで頑張る。

2010年9月9日、まったく上達せず。本当に下手。下手だから全然面白くない。しかし、どんなにセンスがなくても本当に上手くなれないのか?
で、実験を行う。一日20分の練習を開始。毎日行う。5年やってそれでも下手ならヤメル。つまり、2015年9月まで頑張る。とりあえず。

座右の銘
リオネル・メッシ
何かを上手くなりたいと思ったら
何かを我慢してでも
自分で決めたことをやり続け
練習し続けるんだ
最近のコメント
星が見える名言集100
リンク
いらっしゃいませ
RSSリンクの表示
僕のブログ集
ブログ内検索
ふで
記事ランキング
足とも
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。