スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海の舞踏



この暑~い夏にはもってこいの曲を紹介しよう。

世界のジャズ・スパニッシュギタリスト、アル・ディ・メオラと
スペインフラメンコのパコ・デ・ルシアの競演。








僕自身、アルとパコを合わせても3~4枚のCDしか持ってないのだが、
この 『地中海の舞踏』は、ハートにぐっと来たなぁ。
たぶん、85年ごろ、最初はレコードだったと思う。

世界中のギタリストがカヴァーしているようだね。



アルバム 『エレガント・ジプシー』は、77年ごろの作品。
アル・ディ・メオラの最高傑作と言われているよ。



Elegant GypsyElegant Gypsy
(1987/07/07)
Al Di Meola

商品詳細を見る






スポンサーサイト

沖仁 Jin Oki


今日は、日本人のフラメンコギタリスト、沖仁(おきじん)さんを紹介するよ。

1974年生まれ。
14歳より独学でエレキギターを始める。
高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。
その後、スペインでフラメンコを習得。

2010年、7月、
「第5回 ムルシア "ニーニョ・リカルド" フラメンコギター国際コンクール」
に再挑戦し、国際部門で優勝。
日本人として初の快挙を成し遂げた。

現在は、槙原敬之、葉加瀬太郎、福山雅治との競演もあり、
忙しい日々を送っている。






テレビ東京の『美の巨人たち』のエンディングにも
沖仁の曲が使われているね。




Al Toque ~フラメンコの飛翔~Al Toque ~フラメンコの飛翔~
(2010/07/07)
沖仁

商品詳細を見る








それにしても情熱的だよね。
こんな曲を聞いて育てば元気で明るい人間になれるだろうに。


IZ


イズラエル・カマカヴィヴォオレ(Israel Kamakawiwo'ole) 通称 IZ

ハワイ出身のウクレレ奏者、シンガー。 340キロの巨体からあの繊細な歌声は聴くものを癒してくれる。 1993年に発表したアルバム“Facing Future”のヒットでハワイ以外でも広く知られるようになった。 同アルバム収録の "Somewhere Over the Rainbow/What a Wonderful World"(虹の彼方に/この素晴らしき世界)は数多くの映画やテレビ番組、及び広告で使用されている。 1997年6月、肥満が原因で死去。





Facing FutureFacing Future
(1995/03/14)
Israel Kamakawiwo'ole

商品詳細を見る

| ギター初級者の奮闘記ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。