2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサードリンク





外部マイク、上手く繋げました
やりました。
昨日、アンプやマイクスタンドが届いて、
今日、マイクが届いて、
試してみたところ・・・・

上手くいきました。

Webカメラで外部マイクを使用も上手くいきました。

これで後は、YouTubeにアップするだけだね。

使用器材をおさらいしておく。


・Webカメラ
 BUFFALOの130万画素、BSW13KM02BK
 ¥3,000


・マイク
 ¥2,687

audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン AT-X11audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン AT-X11

オーディオテクニカ




・マイクアンプ

 ¥4,654

audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2

オーディオテクニカ




・マイクスタンド
 ¥1,015

デスクトップマイクスタンド ブラック MDS-1500デスクトップマイクスタンド ブラック MDS-1500

KC





・ケーブル
 ¥508

SANWA SUPPLY KM-A1-10 オーディオケーブルSANWA SUPPLY KM-A1-10 オーディオケーブル

サンワサプライ








総計 1万2千円弱ですね。

当初、Webカメラの内臓マイクで済まそうと思ったのだが、
ギターの音が割れたのでやむなく外部マイクを購入した。

だから、Webカメラはもっと安い奴、
同じ130万画素なら2千円のがある。
画質にそれほどこだわらない人はこれで十分だろう。

マイクは、比較的安価なAT-X11を購入。

ダイナミックマイクはアンプが必要なので、
アマゾンで評判の高かったAT-MA2を購入。

tesa2さんが教えてくれたミキサー、
べリンガーの MicroMIX MX400
がある。
これだと2500円で済むよ。


マイクスタンドは、かなりしっかりしたものだった。

また、アンプとPCを繋ぐケーブルが必要だった。


これで後は、YouTubeにアップするだけだぜ。



蛇足

アンプが届いてから思いついたのだが、
アンプの代わりにステレオがつかえないのだろうか。
家にあるミニコンポで。
ただ、MICジャックがないので、
マイクとミニコンポを繋ぐケーブルが必要だが・・・

つまり、

(ダイナミック)マイク → ミニコンポ → PC

なんか、いけそうだよね。



スポンサーサイト




スポンサードリンク





外部マイク、大丈夫かなあ
YouTube ギター演奏アップのため、
Webカメラやマイクを検討中。

Webカメラは購入済み。
BUFFALO 130万画素、内部マイク。

しかし、ギターの音が割れるので外部マイクを検討中。

昨日書いたとおり、マイク(ダイナミック)にはアンプが必要。
マイク → アンプ → pc
の設定になる。

が、しかし、本当に僕が買ったWebカメラは外部マイクを使用できるのだろうか。

多分出来ると思うが、超心配。
メーカー(BUFFALO)に質問メールをしているのだが、
3日経っても返事は無し。

こういったパソコン周辺機器に関しては難しいことが多すぎるよね。
OSだけでは片付けられないパソコンとの相性も合ったりする。

メーカーがもっと良心的に対応してくれればいいのだが、
どのメーカーも”力”を入れてない。
電話は、滅多に繋がらず、
メール対応も遅い。

泣き寝入りしている人も結構いるんじゃないかな。

電気屋の店員さんも詳しい人はあまりいない。
無理も無い。
パソコンは範囲が広いし、特にオーディオが絡むとね。


たいした演奏じゃないから、それほど音にはこだわらないんだけど、
普通に聞こえればそれでいいんだけどなあ。

もう買っちまうか、マイクとアンプ。
完全に無駄にはならないだろう。




スポンサードリンク





マイクは難しい
今、YouTubeアップのためにマイクを物色しているのだが、
結構難しい。

知ってる人からすれば当たり前なんだろうけど、
知らない人はまるで分からない。

現在自分が知ったことは、
マイクには、色々な型があり、
コンデンサ型、リボン型・・・
で、通常売られているのは以下の2種。
ダイナミックマイクとエレクトレットマイク。


まず、ダイナミックマイク。
これは、カラオケ屋でも見かける一般的な奴。
ダイナミックマイクは、直接PCには繋げない。
オーディオインターフェイス(マイクロホンアンプやミキサー等)
と接続しなければならない。

× マイク → PC
○ マイク → マイクアンプ等 → PC

なのだ。

ダイナミックマイクを直接PCに繋ぐと、
音が異常に小さかったりノイズしまくり、
おまけにマイクの寿命も短くなるらしい。


うむ。
ここまでは分かった。


↓ 僕が今、目をつけているマイクとマイクアンプ
  どちらもオーディオテクニカだから、なんか行けそう。


audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン AT-X11audio-technica ダイナミック型ボーカルマイクロホン AT-X11
()
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2
()
オーディオテクニカ

商品詳細を見る







一方、エレクトレット型マイクは、
直接PCに繋げそう。

ただ、喋るだけならいいが、
ギターなどの楽器演奏用にはイマイチかもしれない。

下のソニー製はアマゾンのレビューでは、
『クリアな音』
と書き込んでいる人が多い。

でもやっぱりギター演奏にはやめといたほうがいいかな。



SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC50SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC50
()
ソニー

商品詳細を見る




スポンサードリンク

僕たちに出来ること
メニュー

10分で分かるエバーノート
コードだよ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
2度の挫折を経て2007年3月にギター再開。カヴァティーナを弾いて女を泣かすまで頑張る。

2010年9月9日、まったく上達せず。本当に下手。下手だから全然面白くない。しかし、どんなにセンスがなくても本当に上手くなれないのか?
で、実験を行う。一日20分の練習を開始。毎日行う。5年やってそれでも下手ならヤメル。つまり、2015年9月まで頑張る。とりあえず。

座右の銘
リオネル・メッシ
何かを上手くなりたいと思ったら
何かを我慢してでも
自分で決めたことをやり続け
練習し続けるんだ
最近のコメント
星が見える名言集100
リンク
いらっしゃいませ
RSSリンクの表示
僕のブログ集
ブログ内検索
ふで
記事ランキング
足とも
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。