2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   03≫




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサードリンク





アコギ 弦の交換方法
アコーステックギター弦の交換方法


アコギの弦の交換の仕方で分かりやすい映像を見つけたので紹介しておく。

















上の映像は、下の本の中のDVDに収録されていて、
最初のころは、僕もこの映像を参考にさせてもらった。


曲を弾くだけでマスターできる 楽しいフォーク・ギター入門 (シンコー・ミュージックMOOK)曲を弾くだけでマスターできる 楽しいフォーク・ギター入門 (シンコー・ミュージックMOOK)
(2009/02/18)
吉永 裕一

商品詳細を見る



スポンサーサイト




スポンサードリンク





アコースティックギターの弦について
昨日、半年振りにアコギの弦を変えた。
僕がいつも張っているのは、マーチンM150のミディアムゲージ



Martin M150 マーチン アコースティックギター弦


ライトかミディアムか

ところで、ライトゲージとかミディアムゲージとか、
いったい何なのだろう?
って初心者なら絶対思う。
で、ちょっとまとめてみた。


アコギの弦の太さで、細い方から

エクストラライトゲージ < ライトゲージ < ミディアムゲージ < ヘビーゲージ

一般にライトゲージが標準になっている。


ミディアム
低音やパワーが欲しい場合はミディアムゲージ。
弦が太くなる分、張りが強くなるので脱初心者向き。
弾いた時のパワー感はある。


ライトゲージ
こいつが最も一般的な弦。
弦が細い分抑えられやすいので、初心者にもオススメ。


エキストラ・ライト
エレキに近い感じで優しく押さえらる。
ただ、アコギ本来のガツンとした低音が少なめになる。



と、いうわけで、初心者はライトかエキストラ・ライトだね。
僕は、エキストラ・ライトは一度も張ったことがないんだけど、
今度試しに張ってみようかな。




アコギ弦の交換時期は?

ところで、やっぱり弦を張り替えると気持ちがいい。
いつも思うのだが、どのくらいの頻度で替えればいいのか?
半年で十分と思ってはいるのだが、
やっぱりそれって不精すぎるか。

前にも書いたけど、僕がギター教室に通っているときに先生に聞いた。

「どのくらいの頻度で替えればいいんですか」

「音に張りがなくなったら」

なんか、抽象的な答えで・・・


そこで、ネットで色々調べた結果、
『一ヶ月で交換するべき』という意見が多かったんだけど・・・
次のサイトを見つけた。

初心者のためのアコースティックギターサイト


これによると、

弦がサビてきたら交換してください。
1~3弦に茶色っぽいサビが浮いてきたら交換します。
錆びた弦は音がこもって響きが悪いし、指のすべりも悪くなります。
僕自身は特に交換時期などは決めていません。
フツーに使っても2ヶ月くらいは交換しなくてもいいですし,
8ヶ月くらい交換しなかった時もあります。
響きが悪くなった、弦が錆びて弾きにくいと感じた時が交換時期と考えて差し支えないと思います。



わかりました。
そうします。





因みに、ギター教室の先生が薦めてくれたのはエリクサー。


Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #11027 NANOWEB Custom Light .011-.052






スポンサードリンク





望ましいギター教本とは
今日は、これからギターを始める人、あるいは初心者、もしくは再入門の方のために、
望ましいギター教本(入門用)を提示してみたい。(僕自身、初心者に毛の生えたようなものだが)

望ましいギター教本とは、

1、DVD、もしくはCD付であること
今どき、DVDもCDも付いていない教本などお話にならない。
お手本となる演奏を聴かないかぎり絶対上手くはなれない。
できればDVDがいいだろう。
演奏者の指使いが見れるからね。

2、練習曲よりヒット曲掲載のものを
教本の中には、4小節の練習曲だらけのものがあるが、たいくつな練習曲など絶対長続きしない。
なんでもそうだが、続けることが出来なくなるのは面白くないからだ。
それより、誰もが知っているスタンダードやヒット曲、一番好ましいのは自分が好きな曲を弾くのがいいだろう。
そんなヒット曲が少なくても10曲入っていれば嬉しいね。

3、ヒット曲の中で、上手く弾くポイントを教えてくれるもの
当たり前だが初心者は楽譜が読めない。
よって、プリングやハンマリングなど記号を絶対見逃す。
あるいは、間の取り方や強弱を出すところなど、ポイントとなるところを曲の中で教えてくれる教本がいい。


と、まあ、僕が思うに以上の三つになったのだが、
1と2に該当する教本はそこそこあるだろう。
しかし、3をも網羅するものはほとんどない!

はっきり言って、望ましいギター入門書は皆無に近い。
と思っていたのだが、
ありました。
先日、楽器店で見つけました。

曲を弾くだけでマスターできる 楽しいフォーク・ギター入門 (シンコー・ミュージックMOOK)曲を弾くだけでマスターできる 楽しいフォーク・ギター入門 (シンコー・ミュージックMOOK)
(2009/02/18)
吉永 裕一

商品詳細を見る



『フォークギター入門』なのだが、オーライリーや茶色の小瓶、禁じられた遊び、グリーンスリーブスなども入っている。
興味ある人は、楽器店に行って中身を覗いてから買うようにしよう。

残念ながらクラシックギターに上記3つを満たすものはない。
悪しからず。





スポンサードリンク

僕たちに出来ること
メニュー

10分で分かるエバーノート
コードだよ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
2度の挫折を経て2007年3月にギター再開。カヴァティーナを弾いて女を泣かすまで頑張る。

2010年9月9日、まったく上達せず。本当に下手。下手だから全然面白くない。しかし、どんなにセンスがなくても本当に上手くなれないのか?
で、実験を行う。一日20分の練習を開始。毎日行う。5年やってそれでも下手ならヤメル。つまり、2015年9月まで頑張る。とりあえず。

座右の銘
リオネル・メッシ
何かを上手くなりたいと思ったら
何かを我慢してでも
自分で決めたことをやり続け
練習し続けるんだ
最近のコメント
星が見える名言集100
リンク
いらっしゃいませ
RSSリンクの表示
僕のブログ集
ブログ内検索
ふで
記事ランキング
足とも
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。